症状を抑えるために!PMDDの人にオススメの漢方薬ってあるの?

漢方の画像

 

PMDD(月経前不快気分障害)の症状で悩まされている方は、副作用の心配のない漢方をお探しの方もいるでしょう。しかし、自分にどの漢方が合うのか分からいという悩みを抱えているかもしれませんね。

 

そこでこのページでは、PMDDの症状に効果的な漢方薬をいくつか紹介します。飲んでみたいと気になる方は、漢方薬局などで相談してみてください。

 

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

冷えや火照りなどのない中間証タイプの人には、血流の流れをスムーズにしてくれる桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)がおすすめです。この漢方は生理前の精神的不調に高い作用のある特徴があるため、PMDD症状の改善が期待できるものとなっています。

 

桂枝茯苓丸には、月経不順や生理痛の改善効果もありますので、PMS(月経前症候群)で悩まされている方にも処方されることが多い漢方薬です。

 

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

女性の薬と呼ばれる当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は、古い時代から婦人科系疾患に用いられてきた漢方薬です。虚証の人に適した成分内容のため、冷え性や食欲不振などの多くの女性体質に適した漢方薬となっています。

 

PMDDに伴う慢性的な疲れやだるさにも効果があるため、生理前の期間をハツラツと元気に過ごしたいと考える女性におすすめの存在と言えそうです。

 

加味逍遥散(かみしょうようさん)

加味逍遥散(かみしょうようさん)には気持ちを穏やかにする漢方がブレンドされているため、精神的不調に悩む女性に最適な漢方薬です。PMDDに伴う食欲不振への効果も高いため、虚弱体質の人にもおすすめとなっています。

 

加味逍遥散は不妊症や更年期障害、子宮筋腫などの婦人科系疾患にも効果的な漢方薬となりますので、姉妹・母娘で飲んでいる皆さんもいるようです。

 

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

ホルモンバランスと気持ちを整える作用のある桃核承気湯(とうかくじょうきとう)は、PMDDで処方されることの多い漢方薬です。血行不良やのぼせなどの改善効果もあるため、ダイエットされている方にも効果的な構成となっています。

 

PMDDに伴いヒステリックになる人にも適した漢方薬となりますので、穏やかな毎日を過ごすためにぜひチャレンジしてみてください。

 

まとめ

 

PMDDならではのイライラやモヤモヤといった精神的不調に作用する漢方薬は、他にも色んな種類がありそうです。漢方薬は体質によって選べる種類が異なりますので、必ず精神科の専門医や薬剤師さんに相談することから始めてみてください。

一緒によく読まれている記事